無料カウンセリング を申し込む

ブロックチェーンはグローバルが前提
世界と戦える英語力を

ブロックチェーンはグローバルが前提
世界と戦える英語力を

厳しいブロックチェーン業界を勝ち抜くために、ブロックチェーンそのものに関する知識と同程度に必要なのが英語力です。

英語力なしにブロックチェーンを主戦場にすることはできません。ブロックチェーンに国境は存在しません。

世界と戦える英語力を身に付け、日本のブロックチェーン業界を盛り上げましょう。

PoL英語の特徴

業界で実際に使われている英語で学習

業界で実際に
使われている英語で学習

PoL英語の教材は、ブロックチェーン業界で実際に使われている英語で構成されています。

CoinMarketCap時価総額上位100プロジェクトのホワイトペーパーを全てテキストマイニングし、使用回数の多い順に優先的に教材に取り入れました。

ブロックチェーン業界で即実践できるオリジナルカリキュラムを使用することで、圧倒的な効率性を実現しています。

詳しく見る →
業界のネイティブスピーカーとの英会話

業界のネイティヴ
スピーカーとの英会話

PoLでは、実際に英語が使えるようになる、という点に強くこだわっています。

PoLのカリキュラムの一つである実践英会話では、ブロックチェーン業界で実際に活躍しているネイティヴスピーカーとの英会話で、実践力を身に付けていただきます。

詳しく見る →
とにかく実践

とにかく実践

毎週のコーチング、ネイティヴスピーカーとの英会話、ミートアップへの参加...
実際に使える英語を身に付けなければ意味がありません。

とにかく使えるようになることを意識して、PoLのオリジナルカリキュラムは開発されています。

詳しく見る →

まずはPoLを無料体験してみませんか?

INTERVIEW

インタビュー

業界のトッププレイヤーたちも
英語を武器に事業を推進しています。

ブロックチェーン業界のトッププレイヤーたちも、全員が最初から英語が堪能だったわけではありません。彼らが優れていたのは、この業界には英語が必須であることにいち早く気付き、学習→実践のサイクルを重ね続けたことです。

英語学習はその人のマインドまで変えてくれる。ブロックチェーン業界で本気で勝負していくなら、英語力は絶対に必要。
video

英語学習はその人のマインドまで変えてくれる。ブロックチェーン業界で本気で勝負していくなら、英語力は絶対に必要。

ブロックチェーンのメインストリームは海外で形成されている

英語力の必要性を如実に実感するようになったのは、ALISでICOを実施した後、実際に事業を展開するときでした。
例えば、パブリックチェーンを構築するためのナレッジや分散型アプリケーションのガバナンス、トークンインセンティブの設計など、当時の日本には全く情報がなかったんです。
このままでは経営が傾くというか、会社を運営できなくなってしまう、そういった危機感がありました。
現在も以前と変わらず、ブロックチェーンのメインストリームは海外で形成されています。これは今後も変わらないでしょう。
そう考えると、ブロックチェーン業界全体で共通するコミュニケーションツールとなっている英語が使えないと、もう何もできないんです。
特にWeb3の文脈なんかは、日本語で情報を集めても難しいのに、付け焼き刃の英語力では全く理解できないと思います。
ブロックチェーン業界で本気で勝負していくなら、英語力は絶対に必要です。

英語ができると会社の方向性も変化する

英語学習を続けていると、英語を使うことが苦じゃなくなるというか、嫌じゃなくなってきます。
この感覚がなぜ重要かというと、海外プロジェクトが来日した際に自分の聞きたいことが聞けるようになったり、現地の生の情報がキャッチできるようになるんです。
さらに、実際に自分も海外に行ってみようという意識も生まれますし、経営者の場合は、事業計画の立て方にも影響してくると思います。
例えば、昨年ベルリンで開催されたWeb3サミットに参加したことで、世界のトッププレイヤーを基準として自分たちはどう勝負していくかという意識が芽生えました。
それまでは、Web3の概念をあまり強く意識していなかったのですが、これはもうWeb3大前提で普段から会話しないとダメだな、というマインドに変化したんです。
それに伴い、会社の方向性も変わっていきました。これは非常に大きな変化だと思っています。

英語学習の秘訣

英語学習を4つのステップに分類した場合、第1ステップは基本的な文法構造を身につけることに注力します。
ここで重要なのは、1日最低でも2時間は学習時間を確保することです。
第2ステップでは、恐れずに英語が使えるようになることが目標です。
やはり使ってみる、実践してみるに越したことはないんですよね。
いきなり英語が上達するわけではないのですが、英語を話すことに抵抗感がなくなります。
この意識は、この後の英語学習にとって非常に重要な要素となります。
第3ステップで重要なのは、英語は継続して学習すればできるようになる、という自信を持つことです。
自分の課題を分析し、その課題に対して具体的にアプローチしていきます。
例えば、リスニングが課題だなと思ったら、実際に業界のネイティブスピーカーと会話する機会を増やしたり、といった具合です。
これを繰り返すことで、英語できるようになるかも、というマインドになっていきます。
実際、英語学習は継続することが大切なので、やればできるようになるという自信をつけることは、地味だけど凄く大切なことだと思います。
第4ステップでは、やはり実際に英語に触れる機会を増やすことが重要ですね。
ブロックチェーン業界の場合、海外プロジェクトが来日するミートアップに参加してみたり、英語の文献をリサーチしてみたりすると良いと思います。

私の場合、英語ができるようになってからは、他のことへのチャレンジ精神も生まれました。
英語学習は、初期段階ではやればやるほど伸びるので、ぜひ楽しくやってみてください。

詳しく見る →
英語ができて夢が叶った。これからは、海外のカンファレンスで日本のブロックチェーン業界のことをもっと伝えていきたい。
video

英語ができて夢が叶った。これからは、海外のカンファレンスで日本のブロックチェーン業界のことをもっと伝えていきたい。

日本のブロックチェーン業界のことを知ってもらいたい

英語ができるようになると良いことしかないと思います。
実際にビジネスの機会が増えましたし、海外の情報をいち早く入手できるようになりました。
実は2年前まで、海外のカンファレンスに登壇するのが夢だったんです。
この夢は、英語ができるようになって実現することができました。
海外で開催されるカンファレンスって日本人の登壇者がほとんどいないんです。
最近は、日本のブロックチェーン業界のことを知ってもらいたい気持ちが強いので、発言するチャンスをもらえることは凄く有難いと思っています。
海外の人たちは日本のことをもっと知りたいと思っているので、日本のことを話すととても喜ばれるんです。
一度でも英語が使われている現場に触れてみると、やっぱり意識が変わると思います。
ブロックチェーン業界で本気な人は、英語は頑張るぞという意識を持っている人がほとんどですよね。

英語学習には効率性が重要

以前は、Skype英会話などから始めていましたが、学習する範囲が広く、実際に使わない英語も学習していたので、なかなか継続できませんでした。
なので、ブロックチェーン業界で実際に使う英語だけをまとめた教材は凄く良いと思います!まさに私が求めていたものですね!
私の場合、ブロックチェーン業界で英語が使えたら良いので、ブロックチェーン業界の英語に絞って学習する方が効率が良いんです。
今やってる英語学習は、自分が実際に使う英語に絞っているからこそ、自分でも上達している実感があるし、記事も読めるようになっているし、コミュニケーションも取れるようになっています。
英語学習って、一般的な単語帳で学習することが多いと思うんですけど、私の場合、限られた時間の中で効率的に、自分が本当に使う英語を身に付けたいんですよね。

英語ができると世界が広がる

英語ができると、単純にコミュニケーションを取れる母数が膨大になるんですよね。
以前は、日常生活の中で英語で何も話せなかったために、自分の気持ちを正確に伝えられませんでした。
例えば、どれだけ感謝しているかを相手に伝えることができないのって凄く悲しいじゃないですか。
ブロックチェーンとは関係ないけど、英語を学習したことで自分の気持ちを素直に相手に伝えられるようになりました。これは本当に嬉しいことです。
これまでたくさん恥をかいてきたけど、やっぱり英語で話せたときは凄く嬉しい気持ちになります。
人生が変わるといったら大げさかもしれないけど、世界が広がったことは強く実感しています。
恥をかくことを恐れてチャレンジしないより、恥をかきながらでも、恐れずに発信し、もっと世界を広げていきたいです。
海外の人たちは凄く温かい人も多いです。
簡単な英語しか話せなくても「全然問題ないよ、僕の日本語より上手じゃん!」って返してくれたりします。
最初は怖いと思うんですけど、勇気を持ってとにかく話してみることが大事だと思います。

詳しく見る →

COURCE

コース

    オンラインコース リサーチャーコース 事業責任者コース
対象  
  • 自分のペースで学習したい人
  • 英語学習を体験してみたい人
  • 海外動向の調査などを行う人
  • すぐにでも英語力が必要な人
  • 自分に英語力がないと事業が傾く可能性のある人
  • すぐに使える英語力が必要な人
  • 学習時間   45時間/月 75時間/月 75時間/月
    リーディング力  
    スピーキング力  
    リスニング力   -
    チャット対応   12h以内 即時対応 即時対応
    面談コーチング   チャットで実施 毎週1.5h 毎週1.5h
    特徴  
  • 自由な時間
  • 基本的なコンテンツは全て利用可能
  • 読み取る力を重点的に強化
  • 徹底的なマンツーマントレーニング
  • 全ての機能を利用可能
  • 圧倒的な実践機会の提供
  •     詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る
    オンラインコース
  • 自分のペースで学習したい人
  • 英語学習を体験してみたい人
  • 学習時間
    45時間/月
    リーディング力
    スピーキング力
    リスニング力
    -
    チャット対応
    12h以内
    面談コーチング
    チャットで実施
  • 自由な時間
  • 基本的なコンテンツは全て利用可能
  • 詳しく見る
    リサーチャーコース
  • 海外動向の調査などを行う人
  • すぐにでも英語力が必要な人
  • 学習時間
    75時間/月
    リーディング力
    スピーキング力
    リスニング力
    チャット対応
    即時対応
    面談コーチング
    毎週1.5h
  • 読み取る力を重点的に強化
  • 徹底的なマンツーマントレーニング
  • 詳しく見る
    事業責任者コース
  • 自分に英語力がないと事業が傾く可能性のある人
  • すぐに使える英語力が必要な人
  • 学習時間
    75時間/月
    リーディング力
    スピーキング力
    リスニング力
    チャット対応
    即時対応
    面談コーチング
    毎週1.5h
  • 全ての機能を利用可能
  • 圧倒的な実践機会の提供
  • 詳しく見る

    無料カウンセリングも実施しています!

    \ 個人の方はこちら /

    \ 法人の方はこちら /

    NATIVE
    SPEAKER

    ネイティブスピーカー

    ブロックチェーン業界に精通したネイティブスピーカーとの英会話で
    本当に使える英語力を鍛えます。

    video

    Masa
    techtec Global Alliance Director

    ❝Blockchain is the new global technology❞

    video

    Maya
    English Conversation Specialist

    ❝Blockchain create the future society❞

    Sasha
    Advisor in Blockchain Industry

    ❝Blockchain technology will be implemented in many industries soon❞

    Join us?

    無料カウンセリング

    まずはPoLを無料体験してみませんか?

    1

    STEP 01

    現状の英語力と必要な能力の把握

    現在のお仕事や実際に英語力が必要となる場面をヒアリング。
    本当に必要な英語力の深堀りを一緒に行います。

    2

    STEP 02

    課題の分析と目標設定

    英語に関する現状の課題分析から目標設定までを精度高く実施。
    納得して学習を開始するための準備を行います。

    3

    STEP 03

    効率を重視した学習計画の提案

    ヒアリング結果を元に、個人に適した学習計画を提案。無駄を極限まで削り落としたプラン設計で、効率の高い英語学習を実現します。