ログイン
   

アルトコイン

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称のこと

 

最初に誕生した仮想通貨がビットコインであることから、一般的にビットコイン以外の仮想通貨のことを「代替」を意味する「Alternative」を用いて、アルトコインもしくはオルトコインと呼ぶ。
なお、ビットコインと明らかに異なる仕組みであったり一定の時価総額を持つようになったイーサリアムなどは、アルトコインとは分けて語られるケースが多い。

暗号通貨

暗号通貨とは、仮想通貨と同義

 

仮想通貨という呼称は日本特有のものであり、本来の「cryptocurrency」を和訳すると「暗号通貨」であることから、仮想通貨のことを暗号通貨と呼ぶ人もいる。

イーサリアム

イーサリアムとは、分散型アプリケーション開発用のプラットフォームのこと

 

イーサリアムを使って開発されたアプリケーション上の処理結果は、偽造や改ざんが不可能な状態でイーサリアムのブロックチェーンに記録される。

ウォレット

ウォレットとは、仮想通貨を取り扱いやすくするためのアプリケーションツールのこと

 

ウォレットは、ビットコインやイーサリアムなどそれぞれの仮想通貨によって仕組みや使い方が異なる。

ウォレットという名称から、中に仮想通貨が入っていそうなイメージを持ちやすいが、必ずしもそうではない点に注意。

従って、ウォレットが無くても仮想通貨を取り扱うことは可能。

AML/CFT

AML/CFTとは、Anti-Money Laundering/Counter Financing of Terrorismの略称で、マネーロンダリング防止/テロ資金供与対策のこと

 

AML/CFTは、仮想通貨だけの取り組みではないが、仮想通貨はその性質上マネーロンダリングなどに使用されやすく、AML/CFTが常に議論されている。

ASIC,CPU,GPU

ASICとは、Application Specific Integrated Circuitの略称で、特定用途向け集積回路のこと

 

ASICは、ある特定の用途のためにオーダーメイドされた集積回路で、仮想通貨のマイニングのような単純作業をひたすら繰り返す計算処理に適している。

ASICがマイニングに使用されるようになったことで、それまで使用されていたCPUやGPUではマイニング競争に勝つことは難しくなった。

ICO

ICOとは、Initial Coin Offeringの略称で、独自の仮想通貨トークンによる資金調達のこと

 

株式による資金調達を意味するIPO(Initial Public Offering)に似ている様から名付けられた。

withdraw(ウィズドロー)

withdraw(ウィズドロー)とは、取引所などから仮想通貨を引き出すこと。

 

withdrawとは、「取り下げる」「引き出す」などの意味を持つ言葉で、仮想通貨の文脈では、自分の資産を引き出すという意味で使用される。

エコシステム(経済圏)

エコシステムとは、ブロックチェーンで新たに創り出される仮想通貨によって成り立つ社会・経済・仕組みなどのこと。

 

ブロックチェーンを活用することで独自の仮想通貨を容易に開発することができるため、その仮想通貨を元にした新たな社会を創り出すことができるようになった。

特定の仮想通貨が使用できる範囲ないし特定の仮想通貨が新たに創り出す世界のことをエコシステム(経済圏)という。

暗号化

暗号化とは、やり取りする情報を第三者に知られないようにすること。

 

一般的に、暗号化の仕組みは共通鍵暗号と公開鍵暗号に分類される。

暗号化される前の状態のデータのことを平文といい、暗号化されたデータを平文に戻すことを復号化という。

なお、暗号化はインターネット通信でよく使用されるが、アナログの世界にも適用できる概念である。

インターオペラビリティ

インターオペラビリティとは、異なるブロックチェーン同士の相互運用性のこと

 

ビットコインやイーサリアムなど、ブロックチェーンには複数の種類があり、それぞれには互換性がない状態となっている。

例えば、BTCはイーサリアムのブロックチェーン上では扱えず、反対にETHはビットコインのブロックチェーン上では扱うことができない。

これでは不都合が大きいため、異なるブロックチェーン同士を繋ぐことができるようにするインターオペラビリティの仕組みが開発されている。

1satoshi

1satoshiとは、ビットコインの最小単位のこと

 

ビットコインの最小単位は1BTCではなく、0.00000001BTCとなっている。

これを、発明者の名前にちなんで「1satoshi」と呼んでいる。

ビットコインが目指していることの一つとして、マイクロペイメントの実現があげられる。

これは、IoTやM2Mといった機械同士の通信が実現した世界において非常に重要になってくる。

そのため、デジタル通貨も1円未満の単位に分割して送金できるようになる必要性が出てくる。