ログイン
   

改正資金決済法

改正資金決済法とは、仮想通貨に対する規制が整備されている法律のこと

 

2015年に開催されたG7エルマウサミットやその後のFATFからの通達を受けて、2016年5月25日に成立、2017年4月1日に施行した。

改正資金決済法は、元々あった資金決済法に仮想通貨に関する内容を加える形で制定された。

仮想通貨交換業者

仮想通貨交換業者とは、日本で仮想通貨と法定通貨の交換を事業として行うことのできる資格を持った者のこと

 

2017年4月に施行された改正資金決済法において、取引所や販売所のような日本で仮想通貨と法定通貨の交換を事業として行うには、金融庁への認可登録が必要となった。

仮想通貨法

仮想通貨法とは、資金決済法が改正資金決済法として改正された際に加えられた仮想通貨に関する内容を指した通称のこと

 

仮想通貨法という名称の法律は存在しないため要注意。

クラウドセール

クラウドセールとは、ICOと同義

 

現在は、クラウドセールという呼び方はしなくなっているが、ICOという呼称が生まれる前は一般的にクラウドセールと呼ばれていた。

なお、ICOを実施する際の段階として、特定の投資家に対してのみ実施するICOのことをプレセールといい、プレセール後の一般投資家に対して大々的に実施するICOのことをクラウドセールという慣習もある。

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、仮想通貨のマイニングを行うための手法の一つ。

 

マイニングを行うための機器を自ら揃える必要がなく、クラウドマイニング事業者に金銭を支払うだけで専門知識が無くても行うことができるため、誰でも気軽にマイニングに参加することができる。
一方、詐欺などの被害も発生しているため、事業者の選定には注意が必要。

KYC

KYCとは、Know Your Customerの略称で、金融機関を利用する際に必要な本人確認のこと。

 

2017年4月に施行された改正資金決済法において、仮想通貨取引所は顧客にサービスを提供する際に必ず本人確認を実施しなければならなくなった。

これはAML/CFTの取り組みの一つである。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)とは、2014年より日本を拠点に運営している仮想通貨取引所のこと。

 

2018年1月26日に発生した巨額のハッキング事件をきっかけとして、組織再建のためマネックスグループに買収されることとなった。

CoinMarketCap

CoinMarketCapとは、仮想通貨市場の全体像が把握できる便利なツールのこと。

 

CoinMarketCapには、世界中で取引されている仮想通貨が網羅されており、時価総額や取引量だけでなく、各仮想通貨ごとにWebサイトや価格推移グラフなども掲載されている。

公開鍵

公開鍵とは、公開鍵暗号という暗号方式における、第三者に公開するための鍵のこと。

 

公開鍵は秘密鍵とセットになっており、公開鍵は秘密鍵から生成されるが秘密鍵から公開鍵を割り出すことはできない。

ビットコイン取引の場合、送金者は送金を承認する際の署名に秘密鍵を使用し、第三者はその署名と公開鍵を使用することで、取引の内容を確認する。

公開鍵暗号

公開鍵暗号とは、秘密鍵と公開鍵を使用して行う暗号方式のこと。

 

公開鍵暗号では、対象となる「データの暗号化」と「署名」を行うことができるが、ビットコイン取引の場合は署名のみを行なっている。

ビットコイン取引の場合、送金者は送金を承認する際の署名に秘密鍵を使用し、第三者はその署名と公開鍵を使用することで、取引の内容を確認する。

こうすることで、特定の管理主体が存在しない仮想通貨の仕組みにおける取引の承認を正常に行うことができている。

公開鍵のウォレットアドレス

公開鍵のウォレットアドレスとは、仮想通貨を受け取るためのアドレスのこと。

 

シードと呼ばれる特定の乱数から秘密鍵が生成され、秘密鍵から公開鍵が生成される。

同時に、秘密鍵から秘密鍵のウォレットアドレスが生成され、公開鍵から公開鍵のウォレットアドレスが生成される。

コールドウォレット

コールドウォレットとは、仮想通貨を管理するためのウォレットの状態のこと。

 

ウォレットには「コールドウォレット」と「ホットウォレット」の2種類の状態が存在する。

コールドウォレットは、コールドストレージとも呼ばれ、インターネットとの接続を切断した状態のウォレットのこと。

セキュリティ性能は高いものの、仮想通貨の頻繁な入出金には不向き。

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーンを構成する各ノード間で行われる合意形成の方法のこと。

 

コンセンサスアルゴリズムには、Proof of WorkやProof of Stake、Proof of Importanceなどがあり、それぞれのブロックチェーンによって異なるコンセンサスアルゴリズムを採用している。

代表例として、ビットコインはProof of Work、イーサリアムはProof of WorkからProof of Stakeへの移行を進行中、ネムはProof of Importanceを採用している。

コンセンサス

コンセンサスとは、ブロックチェーンにおける合意形成のこと。

 

ブロックチェーンの実現する非中央集権的な仕組みにおいては、不特定多数のマイナー(ノード)が取引の整合性を検証・承認している。

ブロックチェーンでは、不特定多数のマイナーが同じ合意形成を行う必要があるため、全てのマイナーは特定のコンセンサスアルゴリズムを元にコンセンサスを行なっている。

CAP定理

CAP定理とは、一貫性・可用性・分断耐性の3つの性質を同時に満たすWebサービスは存在しないという定理のこと。

 

一貫性(Consistency)は、ユーザーが常に最新のデータにアクセスすることができることを意味する。

可用性(Availability)は、システム障害によりサービスが停止しない、要するにシステムに単一障害点が存在しないことを意味する。

分断耐性(Partition-tolerance)は、システムのネットワークが遮断された場合でも、サービスが停止しないことを意味する。

CAP定理においては、これら3つの性質を同時に実現することはできず、必ずどれか1つを犠牲にしなければならない。

ブロックチェーンも例に漏れず、一貫性(Consistency)の性質を有することができていません。

共通鍵暗号

共通鍵暗号とは、暗号化と復号化に同じ鍵を用いる暗号方式のこと。

 

ブロックチェーンで使用される暗号方式は公開鍵暗号であることがほとんどだが、一般的なインターネット通信では共通鍵暗号であることが多い。

公開鍵暗号に比べて共通鍵暗号は処理速度が速いため、瞬間処理が必要なインターネットの世界に適している。

厳密には、共通鍵暗号の鍵を受け渡す際に、鍵そのものを暗号化・復号化するために、公開鍵暗号を活用することが多くなっている。

クライアント-サーバ型

クライアント-サーバ型とは、インターネットにおける通信形式の一種で、Webブラウザとデータベースの間にサーバが存在するタイプのこと。

 

一般的なインターネット通信では、クライアントに該当するWebブラウザからのリクエストをサーバが受け取り、データベースにアクセスしてレスポンスを返す、という形式になっている。(Webブラウザ⇆サーバ⇆データベース)

一方のブロックチェーンにおける通信形式は、Peer-to-Peer型となっており、クライアント・サーバ・データベースが一体となったPeerが全て相互に通信している。(ピア⇆ピア⇆ピア)

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンとは、パブリックチェーンとプライベートチェーンの間に位置するブロックチェーンの種類のこと。

 

パブリックチェーンは、運営者が不特定多数であり完全に透明なデータが流通する。

対してプライベートチェーンは、運営者が特定されデータは非公開で処理される。

コンソーシアムチェーンの場合は、特定多数の運営者によって非公開なデータ処理が実施されることが多い。

プライベートチェーンとコンソーシアムチェーンの明確な違いは定義されていないが、特定多数の運営者がいる点がプライベートチェーンとの大きな違いであるといえる。

コンファーメーション

コンファーメーション(承認)とは、トランザクションが新たに形成されるブロックに取り込まれること

 

ビットコインなどの取引(トランザクション)は、ブロックチェーンのいずれかのブロックに格納されることで、初めて承認されたことになる。

しかし、スケーラビリティ問題などの影響により、トランザクションがなかなかブロックに取り込まれない状態も度々発生している。

 

このトランザクションがブロックに取り込まれていない状態のことを、ゼロコンファーメーション(0承認)という。