ログイン
   

chainFlyer(チェーンフライヤー)

chainFlyer(チェーンフライヤー)とは、ブロックチェーンの中身を可視化してくれる便利なツールのこと。

 

chainFlyerは、仮想通貨取引所などを運営するbitFlyer社が提供している。

ブロックごとにトランザクション数や手数料、ウォレットアドレスなどが表示され、誰でも気軽にブロックチェーンの中身を覗いてみることができる。

ディフィカルティ(採掘難易度)

ディフィカルティ(採掘難易度)とは、マイニングに成功する難易度のこと。

 

ビットコインを含む多くの仮想通貨は、ブロックの形成(マイニングの成功)間隔が一定になるよう難易度(ディフィカルティ)が自動的に調整される仕組みとなっている。

ディフィカルティはハッシュレート(マイニング速度)と合わせて、ブロック形成量の目安を算出する際に使用される。

具体的には、ブロックが形成される際に生成されるハッシュ値が、ディフィカルティよりも小さければ良いという指標を意味する。

DEX

DEXとは、Decentralized EXchangeの略称で、管理者の存在しない取引所のこと。

 

DEXは、従来の取引所(CEX)に対するハッキング被害が増加するにつれて台頭してきた分散型取引所。

セキュリティ面で高い性能を誇る一方、法定通貨が使用できず、また通貨の流動性が不足している点もデメリットとしてあげられる。

匿名通貨

匿名通貨とは、取引者の身元が匿名の状態で取引される仮想通貨のこと。

 

匿名通貨の具体例としては、Dash(ダッシュ)やMonero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)などがあげられる。

匿名通貨は、AML/CFTの対象として議論されることが多く、マネーロンダリングへの悪用などが懸念されている。

トランザクション

トランザクションとは、仮想通貨取引のこと。

 

トランザクションという言葉自体は、仮想通貨の取引に過ぎないが、それぞれの仮想通貨によってトランザクションを構成する要素が異なっている。

ビットコインの場合、支払元を表すTxInと支払先を表す(TxOut)によって構成され、トランザクションを実行するには全てのTxInが秘密鍵によって署名されている必要がある。

データベース

データベースとは、デジタル情報(データ)を記録しておくための台帳のこと。

 

一般的なWebサービスは、ユーザー情報やコンテンツ情報を全てデータベースに記録・管理している。

仮想通貨の場合、取引情報をブロックチェーンに記録することで管理しているため、ブロックチェーンは広義のデータベースであるといえる。

トークン

トークンとは、既存のブロックチェーンを活用して新しく開発された仮想通貨のこと。

 

トークンは、限りなく仮想通貨と近い意味合いで使用されることが多いが、厳密には、ビットコインやイーサリアムなど、既存のブロックチェーンを使って新しく開発される独自仮想通貨のことを意味する。

そのため、トークンに分類されるものは、それ自体のブロックチェーンを持っておらず、必ず他のブロックチェーンが元になっている。

タイムスタンプ

タイムスタンプとは、デジタルコンテンツの作成時刻を自動的に記録するための仕組みのこと。

 

タイムスタンプは、デジタルの世界では一般的に使用されている仕組みである。

ブロックチェーンの場合は、その時点で確かにデータが存在していた、という証明を行うために活用している。

電子署名

電子署名とは、デジタルコンテンツの作成者を特定するための仕組みのこと。

 

電子署名は、デジタルの世界で一般的に使用されている仕組みであり、ブロックチェーンでは暗号資産の送信時に送信者を特定する場面などで活用されている。

なお、電子署名だけでは本人確認を完全に証明することはできないため、電子認証局の発行する電子証明書を活用することで、本人確認の証明を行なっている。

この本人確認の証明を行うための一連の流れをPKIという。

電子証明書

電子証明書とは、電子認証局より発行される公開鍵と本人の整合性を証明するための書類のこと。

 

電子署名を行うには、公開鍵暗号における公開鍵が必要になるが、その公開鍵が本人のものでない可能性を排除する必要がある。

そこで登場したのが電子証明書の仕組みである。

公開鍵との本人確認を行いたい人が、電子認証局に公開鍵を預け、本人確認が取れた時点で電子証明書を受け取る。

電子証明書を使用することで電子署名をスムーズに行うことができるようになる。

電子認証局(CA:Certification Authority)

電子認証局(CA:Certification Authority)とは、公開鍵暗号における公開鍵の持ち主を検証・管理し、電子証明書を発行する仕組みないし組織のこと。

 

電子認証局は、電子署名を実施するために必要な公開鍵の持ち主の本人確認を行い、確認が取れるとその人に対して電子証明書を発行している。

電子認証局の役割は、民間企業が事業として提供する場合もあれば、行政機関が担う場合もある。

このような、電子認証局による公開鍵の検証・管理から電子証明書の発行までの一連の流れのことをPKI(Public Key Infrastructure)という。

トラストレス(trustless)

トラストレスとは、ブロックチェーンの思想である非中央集権を実現するために必要な概念のこと。

 

ブロックチェーンを活用することで、第三者不要の状態で取引を成立させることができるようになるが、そのためにはトラストレスであることが重要になる。

トランスペアレンシー(transparency)

トランスペアレンシーとは、ブロックチェーンの思想である非中央集権を実現するために必要な概念のこと。

 

ブロックチェーンは、第三者不要の取引を実現することのできる仕組みであるが、そのために必要な要素として、透明性(トランスペアレンシー:transparency)があげられる。

ブロックチェーンに記録するデータは全ていつでも誰でも閲覧することができるため、改ざん検知やデータ検証に効果的である。

一方で、トランスペアレンシーの性質上、個人情報などブロックチェーンに記録してはいけないデータの取り扱いには注意が必要。

ダブルスペント

ダブルスペントとは、同一のビットコインを複数回支払いに使用できてしまうこと

 

ビットコイン取引は手数料を送金側が自由に設定することができるようになっている。

また、設定された手数料が高い取引から優先的に、ブロックに取り込まれる状態にもなっている。

なぜなら、マイナーは取引の手数料も報酬として受け取ることができるため、より高い手数料が設定された取引を優先して取り込みたいと考えるからである。

 

そのため、手数料の低い取引はゼロコンファーメーションになることが多くなっている。

ゼロコンファーメーションの取引は、取り消すことができてしまうため、一度支払いに使用したビットコインをゼロコンファーメーションの状態にあるタイミングで別の支払いにも使用できてしまう。

これをダブルスペント問題という。

トレーサビリティ

トレーサビリティとは、追跡性を意味するブロックチェーンの特徴のこと

 

ブロックチェーンに記録されたデータは、いつでも誰でも閲覧することができるため、過去に遡ってデータを確認することも容易である。

また、一度ブロックチェーンに記録されたデータは、改ざんすることが非常に困難であるため、長期間に渡って監視したいデータの保管には、ブロックチェーンは適しているといえる。